CATEGORY

意思表示/法律行為

  • 2019年6月18日
  • 2020年6月25日

詐欺取消の要件

今回の記事は、民法96条が定める詐欺の要件についてです。 具体的には、「詐欺による意思表示」といえるための要件について、説明します。 詐欺取消の要件 まず条文を確認します。民法96条1項です。 改正民 […]

  • 2019年6月17日
  • 2020年6月29日

強迫の要件・効果

民法において、瑕疵ある意思表示に位置付けられるものの一つが、民法96条第1項に定められた強迫です。 詐欺と並んで、意思表示の取消事由となっています。 今回は、その意味や要件、効果について解説します。 […]

  • 2019年6月17日
  • 2021年1月6日

民法96条~詐欺・強迫~

民法96条は、詐欺と強迫に基づく意思表示に関する規定です。 詐欺やら強迫やらは、ニュースにおいてしばしば耳にしますので、この規定が民法上、重要な規定であることは間違いありません。 ただ、条文としては比 […]

  • 2019年6月13日
  • 2021年1月8日

錯誤の判例・裁判例

錯誤の要件の一つとして、「当該錯誤が重要であること」という要件があります(民法95条)。 改正前民法においては、民法95条の錯誤の要件として、「要素に錯誤があること」が求められていましたが、改正民法の […]

  • 2019年6月7日
  • 2021年1月18日

錯誤とは?その意味について

今回は、日常用語としても、法律用語としても、しばしば出てくる「錯誤」という言葉について。読み方は「さくご」。 本ブログは、ビジネス、私生活における法律問題を解説するサイトですから、テーマの中心になるの […]